2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12


TOP > スポンサー広告 > title - 関ヶ原合戦410年祭!③TOP > 戦国・歴史 > title - 関ヶ原合戦410年祭!③

/ご訪問ありがとうございます!\
ここは幸助(ゆきすけ)がまったりと書くブログです。


※ここに掲載されているイラスト等は基本的にお持ち帰り禁止です。
※それぞれ無断転勤・加工等もご遠慮下さい。

では、これからもまったりと更新していきたいと思いますので
温かい目で見てやって下さいませ!



滋賀県観光交流局 主催
2010年『近江路・歴女ブロガー旅紀行』
に参加!
※※※旅行記はこちらになります!※※※

 スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ-【スポンサー広告 top↑


+ Comment List +

 関ヶ原合戦410年祭!③ 
関ヶ原合戦祭りがあってから早2週間…。

更新したいものが続々とたまってきた…!
…早く消化しろよ!って話ですね,すみません

それでは,合戦祭り2日目の午後から行われた,
甲冑絵巻・漢たちの関ヶ原の様子です

※西軍よりのレポになります

それでは,続きよりどうぞ~!



※素人の感性に基づいた戯言である,ぞ…!
※かつゲームなどの影響で得た話などが混じりますぞ…!


17_20101030184851.jpg

関ヶ原で合戦が始まる前…。
杭瀬川の前哨戦で勝利を治めていた西軍は
大垣城での篭城や,東軍への奇襲など様々な策を考えていた

18_20101030184850.jpg

「采配のゆくえ」でもお馴染み,島津豊久が進言するも…
(豊久殿の九州弁がなまら可愛いのです

19_20101030184850.jpg

結局,西軍は大垣城を出て,関ヶ原での野戦に引き摺り出されたのです

西軍側…特に三成としては,東軍の家康が自分達のいる大垣城を無視して,
秀吉の遺児,秀頼がいる大阪城に行くことを畏れて…のことでしょうが,
野戦が得意である家康の方が上手だった…でしょうね

それでも,東軍が着陣するずっと前に,完璧な陣を敷いていた西軍。
あとは西軍諸将の団結力があればよかったのですがね…

20_20101030184849.jpg

そんな三成が見据えるは,東軍の大大名:徳川家康!
その隣には家康の守護神ともいえる,本多平八郎忠勝の姿も!

23_20101030184848.jpg

そして,関ヶ原の戦いは東軍:福島正則隊を出し抜いた,
徳川四天王の一人,東軍:井伊直政隊の攻撃によって火蓋が切られた!
その後,続々と各隊が交戦状態に入る!

合戦絵巻の凄かったところは,ひとつに和太鼓やキーボードによる生演奏!
また火縄銃による轟音など,臨場感たっぷりの演武でした!

24_20101030190609.jpg

そして,そんな生演奏や火縄銃に劣らない,カッコイイ殺陣!
特に三成の側近,西軍:島左近の演武が男気があって惚れました

25_20101030190609.jpg

島左近,細川忠興隊に囲まれながらも,華麗なる空中斬り!
鬼の左近の活躍に幾多の兵が激励されたことでしょう

26.jpg

しかし,そんな左近も銃撃により負傷…
ここからが西軍の総崩れのはじまりとなるのです…!

27_20101030190608.jpg

かねてから裏切りの密約を交わしていたとされる家康と,
松尾山にいる,西軍の小早川秀秋…。
そして,ここで家康は松尾山へ発砲します!
小早川の裏切りを確実のものにするために…。

28_20101030190607.jpg

そして,小早川秀秋は裏切り,大谷吉継隊を側面から攻撃します
続いて脇坂ら4隊も寝返り,大谷隊の前方で奮戦していた平塚為広も戦死。

そして,大谷吉継は自分の首を敵方に渡すな,と家臣の湯浅五助に残し,
この関ヶ原の地で自害するのでした…

大谷隊全滅のシーンでは,せめて一矢でも報いてやる!と
突撃をしては散っていく大谷隊を見て思わず涙が…

29_20101030190607.jpg

「金吾!(≒小早川秀秋)おまえと刺し違えても,わしはおまえを討つ!」

「采配のゆくえ」でもあった,宇喜多秀家の台詞です。
実際にこんなやり取りがあったかはわかりませんが,
同じ秀吉の養子であった者同士,また豊臣を人一倍背負っていた
秀家としては,秀秋の裏切りは心底許せないものであったのでしょう。

関ヶ原の戦いの勝敗を決定付けた,小早川秀秋の裏切り。
後世でも秀秋はヒーローどころか,裏切り者としての汚名を
ただただ背負わされていました

ですが,今となってたくさんの物語(もちろん全てフィクションなのですが)を読んで,
改めて秀秋の心境を考えると,ただ裏切り者のレッテルで終わらせるには
なんだかしのびないと私は思います。

弱冠19歳という若さで大軍を率い,天下分け目の大舞台に
かり出された小早川秀秋。
幼い頃は秀吉の養子として,丁重に扱われていたにも関わらず,
いざ秀吉に実子ができると小早川家へと養子に出され…
…あの時代に今のような「家族」という考えがあったかは
わかりませんが,きっと心に負ったダメージ,そして
秀吉…及び豊臣家に抱くイメージは決して良いものではなかった
だろうと思います。

また,あの状況で大きな決断を迫られた時,まだ19歳という若さで
一体どれだけのプレッシャーに押し潰されそうになったことでしょう。
子どもではなく,だからといって完璧に大人でもない,
まるで今の自分のようだと,今になって小早川秀秋という人に
同情してしまう所も多々あるのです。

…さて,話がそれてしまいました
合戦絵巻に戻りますっ!

31_20101030194332.jpg

西軍の総崩れ…小西隊や宇喜多隊,そして三成も敗走する中,
戦場に残された西軍は島津隊のみとなる。

街道を抜け,薩摩に戻る!という島津軍は
豊久が殿を務めて敵前突破することに!

32_20101030194332.jpg

その島津軍を東軍:井伊直政が追撃!
島津義弘は無事に薩摩に帰還するが…

33_20101030194331.jpg

小隊を少しずつ置いては足止めをする,捨てがまり。
自らを盾にして仲間を守る策。そして,島津豊久は憤死する…。

こうして,西軍最後の隊が引き上げ,関ヶ原の戦いは
東軍の勝利に終わった…。


やはり,関ヶ原の戦いはちぐはぐな西軍の方が
より深い人間ドラマがあると自分は思います…!


35_20101030194331.jpg

合戦絵巻が終わってからの武者行列では,
三成さんがなんと黒馬に乗っていて,惚れ惚れしてしまいました~

37.jpg

またこの後,岐阜県知事さんもいらっしゃって家康公の姿で乗馬!

…やはり,関ヶ原はドラマ溢れる・ロマン溢れる地なのでした
関連記事

カテゴリ-【戦国・歴史】  コメント(0) top↑


+ Comment List +

<<ハッピーハロウィンなのだ♪ | ホーム | 関ヶ原合戦410年祭!②>>















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

幸助

Author:幸助
2/18生まれの生粋のO型人間
マイペース属まったり科

好…日本史の戦国時代
今は石田三成に傾愛中
関ヶ原の西軍贔屓

好…ゆるキャラ
岩崎城のにわさきくんママ
主に戦国系ゆるキャラ贔屓

好…稲妻11にハマっています
どのキャラも一生懸命で
可愛いんです

Link@バナー有

@あきらさま

@あずさま
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。