2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12


TOP > スポンサー広告 > title - 近江路・歴女ブロガー旅紀行@彦根編  TOP > 歴女ブロガー旅紀行 > title - 近江路・歴女ブロガー旅紀行@彦根編 

/ご訪問ありがとうございます!\
ここは幸助(ゆきすけ)がまったりと書くブログです。


※ここに掲載されているイラスト等は基本的にお持ち帰り禁止です。
※それぞれ無断転勤・加工等もご遠慮下さい。

では、これからもまったりと更新していきたいと思いますので
温かい目で見てやって下さいませ!



滋賀県観光交流局 主催
2010年『近江路・歴女ブロガー旅紀行』
に参加!
※※※旅行記はこちらになります!※※※

 スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ-【スポンサー広告 top↑


+ Comment List +

 近江路・歴女ブロガー旅紀行@彦根編   

ついにラスト!近江旅紀行3回目の更新です

小谷から長浜と徐々に南下してきた今回の近江旅!
お次の舞台はいまや,ゆるキャラの宝庫「彦根」です
そして,彦根に行く前に寄ってきた「米原」のとある場所。

小谷から長浜…浅井氏から豊臣秀吉へ。
長浜から彦根…石田氏(豊臣政権)から井伊氏(徳川政権)へ。

歴史の流れをひしひしと感じる近江旅。
最後のテーマは「ゆるキャラとみる滋賀の武将たち」です

それでは,続きからご覧下さいませ…



※各写真はクリックで拡大します。

大谷吉継の首塚(米原市)

米原駅近くの下多良神社。その隣の細い道をまっすぐ歩き,
途中右に曲がると見えてくるこの小さなお堂。

この地蔵堂は,大谷刑部吉継の首塚と伝えられています。
関ヶ原の戦いで,石田三成との友情に殉じた西軍の智将。
大谷吉継は,現在の長浜市余呉町小谷の出身で
一説によると,石田三成の紹介で秀吉に仕えた武将です

吉継公は関ヶ原の戦いで自刃後,その首を敵方に渡さないようにと
甥の僧が首を錦の袋に入れて,吉継公が治めていた敦賀へ逃亡する途中で
この米原の地に埋めて隠したと伝えられているそうです

おおたににゃんぶ

話は変わって,こちらのゆるキャラはそんな大谷吉継公を
モデルにした「おおたににゃんぶ」です
病のせいで目が見えなくなり,また顔を覆っていた白い布など
特徴をおさえた,とても可愛らしいゆるキャラです
現在は彦根花しょうぶ通りしょうぶ屋さんに住んでいて,
時折,同じ花しょうぶ通りにある戦國丸さんで見かけます。


彦根駅周り

米原の大谷吉継公に手を合わせてから,彦根入りを果たしました!
今回見てきたところなどをまた簡単にイラスト化しましたが…
クリックで拡大しないと見れないですね…すみません

井伊直政公像

彦根駅前にそびえ立つ井伊直政公の像
長~い角が特徴的です 井伊氏は関ヶ原合戦後に
敗れた石田三成が治めていた佐和山城に入城し,
その後,佐和山城から彦根城に移りました。
ここでもまた同じ彦根で歴史の流れを感じますね…!

彦根城

今回は時間の都合の為,彦根城天守の方には行っていないんです
ですが,折角なので以前訪れた時の写真を載せておきます。

彦根城博物館

彦根城天守には行かなかったですが,その手前にある
彦根城博物館」を見学させて頂きました!
私が訪れた時のテーマ展示は,
井伊家伝来茶道具名品選-名物茶器から直弼まで-」でした。
桜田門外の変で暗殺された井伊直弼は,政治家としての面だけでなく,
茶人としても大変有名だったそうです

やちにゃん

その井伊直弼の娘,弥千代姫をモデルにしたゆるキャラが
この子着物を着ておめかしをしている「やちにゃん」です
やちにゃんは彦根よさこいを踊ったりと,とても芸達者な子なんですよ
彦根の四番町スクエアにある彦根らぼとりぃ社に住んでいて,
今年晴れて,彦根四番町スクエアのPR大使に任命されました!

佐和口多聞櫓の狭間(偵察用)

彦根城手前にある佐和口多聞櫓内部の写真です。
この櫓は重要文化財になっていて,彦根城の重要の城門のひとつだったそう

櫓内部には写真のような□の狭間(さま)が空いています。
これは外部の様子を伺うためのもので,

佐和口多聞櫓の狭間(鉄砲用)

同じ櫓内部にもうひとつ空いている△の狭間は
鉄砲を撃つためのものだそうです。
戦国時代が終わってから建てられた彦根城ですが,
単なる役所や住居の機能だけでなく,砦としての機能も
持っていたんですね

腹痛石

彦根城から少し離れた所にある「腹痛石」とよばれる石。
触るとお腹が痛くなる…とのことですが,ちょっと怖くて
今回は触れませんでした…

石田三成像

腹痛…といって思わず思い浮かべてしまうのがこの人,
先でも何度か名前が出てきた「石田三成」です。
関ヶ原合戦後,伊吹山に逃れた彼が生米を口にして
激しい腹痛におそわれた…という逸話からついつい思い浮かべてしまいます

この像は彦根駅より北,東海道本線を渡った先にある
龍譚寺」前にあるものです。
龍譚寺の隣には佐和山登山口があり,ここから
かつて三成が住んでいた佐和山城跡に行くことができます

いしだみつにゃん

その石田三成をモデルにしたゆるキャラが「いしだみつにゃん
三成の乱髪兜の角を付けたみつにゃんは,
彦根花しょうぶ通り戦國丸さんに住んでいます。

しまさこにゃん

同じく戦國丸さんに居候中の「しまさこにゃん」は
石田三成の家臣,島左近をモデルにしたお酒大好きなゆるキャラです

清涼寺正面

三成の像があった龍譚寺の隣にある「清涼寺」は
井伊氏の菩提寺であると共に,元々は三成家臣の島左近の
屋敷があったとされています

清涼寺御堂内

清涼寺の御堂は普段は一般公開されていないのですが,
今年の初めのお正月に特別に見せて頂いたので写真を載せておきます。
とても立派&豪華で,赤い布に金の家紋が井伊氏らしいですよね

井伊神社正面

清涼寺・龍譚寺のさらに奥にある井伊神社
今回は時間の都合で鳥居の写真を撮ることしかできませんでしたが
清涼寺とあわせて,井伊家にとってここは大切な場所とされているようですね。



今回,超特急でお送りした近江旅紀行でしたが,いかがだったでしょうか?
何度も足を運んでいる滋賀ですが,まだまだ魅力がいっぱいです!
また可愛らしいゆるキャラが多いのがまた魅力のひとつ!

地域のイベントではいつも仲良く写真を撮ったり,遊んだりしてくれる
ゆるキャラですが,その活躍は支えてくれている人々がいるからこそ!
ゆるキャラも含め,滋賀の方々はバイタリティ溢れていて
見ていていつも元気を貰っています!

今回は短い旅でしたが,その短期間でもがっつり楽しむことができました!
皆さんも滋賀に行って,たくさんの思い出と元気を貰ってみては?

それでは,歴女ブロガー紀行ひとまずこれにて完結…です!
ご閲覧,誠にありがとうございました…!
関連記事

カテゴリ-【歴女ブロガー旅紀行】  コメント(0) top↑


+ Comment List +

<<世界でひとつだけの、にわさきくん! | ホーム | 近江路・歴女ブロガー旅紀行@長浜編  >>















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

幸助

Author:幸助
2/18生まれの生粋のO型人間
マイペース属まったり科

好…日本史の戦国時代
今は石田三成に傾愛中
関ヶ原の西軍贔屓

好…ゆるキャラ
岩崎城のにわさきくんママ
主に戦国系ゆるキャラ贔屓

好…稲妻11にハマっています
どのキャラも一生懸命で
可愛いんです

Link@バナー有

@あきらさま

@あずさま
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。