2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12


TOP > スポンサー広告 > title - 近江路・歴女ブロガー旅紀行@浅井氏編TOP > 歴女ブロガー旅紀行 > title - 近江路・歴女ブロガー旅紀行@浅井氏編

/ご訪問ありがとうございます!\
ここは幸助(ゆきすけ)がまったりと書くブログです。


※ここに掲載されているイラスト等は基本的にお持ち帰り禁止です。
※それぞれ無断転勤・加工等もご遠慮下さい。

では、これからもまったりと更新していきたいと思いますので
温かい目で見てやって下さいませ!



滋賀県観光交流局 主催
2010年『近江路・歴女ブロガー旅紀行』
に参加!
※※※旅行記はこちらになります!※※※

 スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ-【スポンサー広告 top↑


+ Comment List +

 近江路・歴女ブロガー旅紀行@浅井氏編 

改めましてこんにちは!幸助です
報告が遅くなりましたが,なんと!この度、
滋賀県観光交流局主催の『近江路・歴女ブロガー旅紀行』に
当選致しまして,先日早速行って参りました!

本当は1泊2日の滋賀県の旅が楽しめるのですが
私自身の予定が上手く合わず,無理を言って日帰りの旅と
いうことで参加させて頂きました。

今回訪れた滋賀県の魅力を,今後数回に分けて
このブログにて紹介していくのでお付き合い下さいませ~!

それではまずはその第1回を更新したいと思います
続きからご覧下さいませ~!



※各写真はクリックで拡大します。

滋賀県の旅。
日帰りという短い時間の中では,
どこに行くのか,じっくり絞らなければ…と思い,
今回のテーマは「お江を取り巻く人々」にしました。
…といっても,厳密にいえばそのほんの一部になりますがね(苦笑)

お江といえば,来年の大河ドラマの主役ですね!
近江の戦国武将・浅井長政と織田信長の妹・お市との
間に生まれた,浅井三姉妹の三女で…という話は
皆さんもよくご存知の通り!
ここで私が語っても仕方ないので割愛します。

小谷城戦国歴史資料館

さて最初に訪れたのは,そのお江が生まれた小谷城(跡)近くの
小谷城戦国歴史資料館」です。
ここは,元々は小谷城清水谷の武家屋敷があったそうです。

館内は,浅井氏について・小谷城についての2ブースに分かれています。
今回は登っていませんが,小谷城址がある小谷山
登る方はここで予習されていくといいかもしれませんね
ただ小谷山ではこの時期,熊の目撃情報もあるので
登山する際は十分にお気をつけ下さいね!

小谷城周辺手描きマップ

そして…じゃん!いくつかの地図と現地の案内板を
見比べて,私なりの解釈で案内を描いてみました!
なので,もしかしたら実際とは違う所もあるかもしれませんが
あくまでイメージイラストとして見て下さいませ!

小谷城は浅井氏の居城で,日本五大山城のひとつに数えられています。
標高495メートルに位置する,自然の要塞に囲まれた城です!
小谷山の尾根筋に沿って築かれ,その筋ともうひとつの尾根筋に
挟まれた谷を「清水谷」といったそうです。

清水谷には当時,浅井氏の居館や家臣の屋敷,寺院などが
あったようで,資料館内に展示されている出土品も
その多くがここで発掘されたらしいです

清水谷の入り口に位置されていただろうとされる,
知善院」は発掘調査で庭園を持つような寺であったと
されていますが,秀吉によって長浜に移されました。

追手道

清水谷から尾根上の登山道へと通ずる「追手道」。
谷から城へと通ずるこの道は
小谷城にとって大事な道だったと思われます。

史蹟@小谷城址

小谷城落城の際,長政の父・浅井久政は小谷城小丸
長政は本丸で篭城戦をしていました。
そこを織田軍の秀吉が清水谷から登り,京極丸
攻撃し,両者を分断させたそうです。
色々な意味で清水谷は重要な場所だったんですね…!
写真の石碑は,登山道の入り口にあります。

パパりんご…じゃなくて和りんご

資料館から小谷寺へと向かう途中,「小谷城和りんご」を見つけました!
これは現在の西洋リンゴとは異なるもので,
古文書によると浅井長政が食べていたと思われるリンゴらしく,
今ではそのリンゴを年百年ぶりに復活させよう!とする
運動が行われているそうです
小ぶりで花が綺麗な品種で,三姉妹の父である長政が
食べたということから,勝手に「パパりんご」と愛称を
つけて喜んでいる自分です(笑)

小谷寺

そしてここは浅井氏が祈願寺と定める「小谷寺」です。
小谷城落城後,焼かれてしまいましたが
後に豊臣秀吉によって現在地に再建され保護されました。

小谷神社

こちらは小谷寺のすぐ隣にある「小谷神社」。
元々は「山王社」といわれ,小谷城最頂部の山王丸に
祀られていましたが,落城後に北谷に移され,
その後昭和49年に現在地に移されました。
浅井三姉妹の過酷な運命のひとつを見てきた貴重な史跡ですね。

小谷城落城の年に生まれたお江。
思えばお江に父・長政との思い出などあったのでしょうか…
戦国の世のもの悲しさを感じますね…

お市の里

さて,場所は変わって資料館の次に行ったのは「お市の里」。
ここではお市と,その娘の三姉妹について学べるそうですが
なんと生憎の休館日…トホホ

お市の里@資料館

仕方ないので資料館を外から撮ってみました。すると
資料館の隣にある図書館は開いていたので,そちらにお邪魔しました。

お市と三姉妹

図書館に入ってすぐ正面を見上げると,
そこにはお市と三姉妹の綺麗なステンドグラスが!
光を透過させる姿が美しく,またガラスにより儚さを感じさせます。

姉川古戦場跡

次に向かったのは小谷城落城の数年前に行われた,
姉川合戦の舞台,「姉川古戦場跡」です
因みにこの合戦の呼び方は一般的に徳川方の呼び方とされ,
浅井・織田は「野村合戦」,朝倉は「三田村合戦」と呼ぶそう。
それぞれの軍が布陣した場所に由来するそうです。

現在の姉川

この合戦の発端は,浅井氏の城である横山城
織田軍が攻撃したことから始まったそうで,最終的に
浅井&朝倉連合軍 VS 織田&徳川連合軍が姉川を
挟んで戦いました
これが今の姉川。小さくて穏やかな川ですが
当時は川の水が真っ赤に染まるほど戦死者が出たそう…

姉川戦死者の碑

最も戦死者が多く出た所に「姉川戦死者の碑」がありました。
軽く手を合わせてきました。

浅井長政とお市

最後に,河毛駅前の浅井夫婦の像を見て行きました。
駅から降りてきた人,またこれから駅から発つ人を
見守るように並んで座る,浅井長政とお市。
お江が過ごした家族との時間は短いものでしたが
今回の旅でそのほんの一瞬に少しでも触れることができた…のかな?

レポートは一旦ここで休憩。また次回に続きます!
関連記事

カテゴリ-【歴女ブロガー旅紀行】  コメント(6) top↑


+ Comment List +
【】 お市より。
浅井歴史民俗資料館です。
先日はせっかくご来館いただきましたのに休館日で申し訳ございませんでした。
 浅井氏関連の資料を展示しております郷土学習館は12月に改修工事をしまして博覧会に向けた新たな展示に生まれ変わります。博覧会期間中は無休となりますし、様々なおもてなしも計画中です。是非一度ご来観下さいませ。

【ありがとうございます。】 幸助@返信より。
▽浅井歴史民俗資料館さま

こんにちは。ご丁寧に教えて頂きありがとうございます^^
郷土学習館の改修工事後、また機会がございましたら
是非とも訪れたいと思います!

様々なおもてなしにも期待大ですね!
来年の大河に向けて、ドキドキワクワクが止まりません^^

【】 お市より。
それから先日、三姉妹のかわいらしい顔出し看板と、長政、お市の描かれた記念写真看板が完成しました!!
 それもまたご利用くださいね

お待ちしております\(^o^)/

【顔出し看板!】 幸助@返信より。
▽浅井歴史民俗資料館さま

顔出し看板ですか!それも浅井ファミリーが揃うんですね!
観光地に行ってはそれらを撮るのが好きなので楽しみにしております♪(*´▽`)

【はじめまして】 【担当】安川より。
はじめまして。^^
同歴女ブロガーで当選させて頂きました【担当】安川と申します。
同じく小谷にお伺いさせて頂きました。
小谷についての説明があったため、当ブログにて
勝手ながらリンクを貼らせて頂きました。

浅井歴史民俗資料館は月曜日休刊のため今回諦めておりましたが、参考になりました。
思っていた以上にきれいな外観なんですね。
次回は私も伺ってみたいと思います♪

【こちらこそ、どうもはじめまして^^】 幸助@返信より。
▽【担当】安川さん

はじめまして,こんにちは^^
11月中旬ということでもうすぐブログコンテストの時期でしょうか?///
先日から歴女ブロガーの方々のブログを拝見し回っております^^
【担当】安川さんの記事は旅行前の話から会話調で書かれているので,
本当に楽しく歴史について学ぶことができて面白いですね^^

浅井氏は信長に逆らった愚かな将,というイメージがあったのですが
小谷での資料や逸話をみると,全く異なることがわかり,
それだけでも参加してよかったなぁと思いました^^

浅井歴史民俗資料館も来年に向けて,力を入れていらっしゃるようなので
是非とも私もリトライしてみようと思います^^


<<近江路・歴女ブロガー旅紀行@長浜編  | ホーム | 来週…ぽっかり穴があきますた^p^←>>
浅井歴史民俗資料館です。
先日はせっかくご来館いただきましたのに休館日で申し訳ございませんでした。
 浅井氏関連の資料を展示しております郷土学習館は12月に改修工事をしまして博覧会に向けた新たな展示に生まれ変わります。博覧会期間中は無休となりますし、様々なおもてなしも計画中です。是非一度ご来観下さいませ。
【2010/09/29 20:51】URL | お市 #-[ 編集]
ありがとうございます。
▽浅井歴史民俗資料館さま

こんにちは。ご丁寧に教えて頂きありがとうございます^^
郷土学習館の改修工事後、また機会がございましたら
是非とも訪れたいと思います!

様々なおもてなしにも期待大ですね!
来年の大河に向けて、ドキドキワクワクが止まりません^^
【2010/09/29 21:25】URL | 幸助@返信 #nTylcwhM[ 編集]
それから先日、三姉妹のかわいらしい顔出し看板と、長政、お市の描かれた記念写真看板が完成しました!!
 それもまたご利用くださいね

お待ちしております\(^o^)/
【2010/10/01 06:28】URL | お市 #-[ 編集]
顔出し看板!
▽浅井歴史民俗資料館さま

顔出し看板ですか!それも浅井ファミリーが揃うんですね!
観光地に行ってはそれらを撮るのが好きなので楽しみにしております♪(*´▽`)
【2010/10/01 22:00】URL | 幸助@返信 #nTylcwhM[ 編集]
はじめまして
はじめまして。^^
同歴女ブロガーで当選させて頂きました【担当】安川と申します。
同じく小谷にお伺いさせて頂きました。
小谷についての説明があったため、当ブログにて
勝手ながらリンクを貼らせて頂きました。

浅井歴史民俗資料館は月曜日休刊のため今回諦めておりましたが、参考になりました。
思っていた以上にきれいな外観なんですね。
次回は私も伺ってみたいと思います♪
【2010/11/23 16:59】URL | 【担当】安川 #Xn58P4b.[ 編集]
こちらこそ、どうもはじめまして^^
▽【担当】安川さん

はじめまして,こんにちは^^
11月中旬ということでもうすぐブログコンテストの時期でしょうか?///
先日から歴女ブロガーの方々のブログを拝見し回っております^^
【担当】安川さんの記事は旅行前の話から会話調で書かれているので,
本当に楽しく歴史について学ぶことができて面白いですね^^

浅井氏は信長に逆らった愚かな将,というイメージがあったのですが
小谷での資料や逸話をみると,全く異なることがわかり,
それだけでも参加してよかったなぁと思いました^^

浅井歴史民俗資料館も来年に向けて,力を入れていらっしゃるようなので
是非とも私もリトライしてみようと思います^^
【2010/11/24 11:51】URL | 幸助@返信 #nTylcwhM[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

幸助

Author:幸助
2/18生まれの生粋のO型人間
マイペース属まったり科

好…日本史の戦国時代
今は石田三成に傾愛中
関ヶ原の西軍贔屓

好…ゆるキャラ
岩崎城のにわさきくんママ
主に戦国系ゆるキャラ贔屓

好…稲妻11にハマっています
どのキャラも一生懸命で
可愛いんです

Link@バナー有

@あきらさま

@あずさま
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。